キャンプで快適に寝るためのポイント3選!

CAMP

「キャンプで安眠は無理」は真っ赤なウソ!!

 

キャンプでは地面の状況に左右されて寝心地がよくないと思っていませんか?

ぐっすり快眠を実現させるためのポイントをおさえて、上質な眠りで疲労回復しましょう。

 

寝袋よりマットが寝心地を左右する

キャンプ場では設営地がデコボコしていたりする場合があります。寝袋だけで寝ると背中が痛くなったり、冬場は地面の冷気を直に受けてしまいます。

そこでベッド代わりになるものが「マット」

地面のデコボコや冷気から体を守ってくれます。

マットの種類は大きく分けて3つ

・コット


「コット」はもともと軍用のベッド。
コットには脚がついているので地面の形状を選ばず使える。地面から距離があるので冷気も直接受けることもなく、夏は涼しく使える。さらにある程度の重さまでは耐えることができるので、荷物置きやベンチとしても使えて機能的。
ただし、マットよりも重たく、組み立てが必要なものは設営に手間がかかってしまうのが欠点。

・エアマット


「エアマット」はバルブの解放で空気を取り込み、膨らませることができる。コンパクトになるため収納も持ち運びも楽。さらに、今は自動膨張式のタイプのものもあるのでバルブを緩めて広げておくだけでセッティングが可能。自分好みの堅さに調節できるのがうれしい点です。
使用していると重みで少しずつ空気が抜けてしまうので、適宜空気の補充が必要で、エアーポンプも揃えなければならない。

・ウレタンマット


「ウレタンマット」は広げるだけでセッティング可能。収納する際も折りたたむだけで手間いらず。
軽量でタフなところが魅力的だが、かさばってしまうのがネック。

の3つに分けられます。

寝心地に加えて、携帯性重さがセレクト基準になってきます。オートキャンプ場なら多少重くても幅広タイプがおすすめ。

 

寝袋は素材と形状で選ぼう

シェラフと呼ばれている寝袋には大きく2種類に分けられます。

・マミー型


体にフィットするフォルムで、シェラフ内の温まった空気を逃さず、保温性や防寒性に優れている。
冬季キャンプならこちらをを選びたい。

・封筒型


布団のようにゆったりと寝ることができるのが特徴。ダウンや起毛素材などで保温性を実現している。
中には、シェラフを広げて2人や3人で使うことができたり、1人ならマットレスや掛布団として使える。シーンに合わせて使い分けることができる。

 

快適性をUPさせるプラスαのアイテム

マットと寝袋はマストアイテムだが、より安眠を得たい方はエア枕がおすすめ。
タオルなどでも代用できますが、枕の有無で寝心地は大きく変わってきます。

空気の量で高さ調節ができるのが特徴。軽くてかさばらないので、快適な睡眠におすすめのアイテム。

またブランケットも掛布団にプラスしたり、ひざ掛けにしたり羽織ったりできるので幅広く使える。
冬場のキャンプはテント内もかなりの寒さになるので、マットに敷いたり、シェラフの上にかけたりすることで、体感温度も大きく変わってくる。

 

いかがでしたか?

キャンプでは大切な睡眠時間。シーンに合わせて自分好みの寝具を選びましょう。

マット寝袋を揃えれば安眠でき、疲れを残さずキャンプを楽しむことができます♪

寝具は妥協せずに選んで快適な睡眠を手に入れてみませんか?

コメント