阿嘉島でウミガメに出会えるって本当?どのビーチにいるのか調査!

LIFE

「阿嘉島」をご存知でしょうか。

沖縄本島から日帰りでも行ける離島なんですが、最近阿嘉島がとても人気の観光スポットになっております。

僕たち夫婦も沖縄へいくたびに毎回阿嘉島でシュノーケルするのが定番になっているのですが、この阿嘉島ではウミガメにも出会うことができるんです!

ウミカジテラスのハンモックカフェへ行ってきた。ハンモックが欲しくなるので要注意
この夏、沖縄へ行ってきました。 毎年沖縄へ突撃している我が家ですが、 沖縄へ行ってはまいどまいど、海!離島!シュノーケル!とあほみたいにアクティブに海攻めばっかり。 そんな遊ぶと疲れてしまうわ、ということで今回は癒しを求め...

「阿嘉島」への行き方

沖縄本島から阿嘉島へはフェリーと高速船が一般的

沖縄の泊港から出発します。

高速船「クイーンざまみ」だと50分~70分。往復5,970円
フェリー「ふぇりーざまみ」だと90分~120分。往復4,030円

夏季は予約で埋まってしまいます。

2か月前から予約が可能になっているので予約しておくのがいいでしょう。

各国の翻訳パンフレットもあり、外国人観光客にも人気のようです。

泊港までは那覇空港から車で20分ほど。

ただ、休日や夏休みは混雑しているので、早めに出るのがおすすめ

阿嘉島での移動手段

阿嘉島での移動手段は原付か自転車。レンタカーはないようです。

港から歩いて5分の「レンタルショップしょう」さん。緑の屋根が特徴のお店です。

しかも、ここのレンタルショップでは200円で温水シャワーを利用することができる。

さらにシャンプーやリンス、ボディソープも使えます。

阿嘉ビーチ

最初に目指してほしいのは「阿嘉ビーチ」

港を降りて右手に5分ほど歩いたところ。

プライベート感を味わうことができるビーチで、シュノーケリングを楽しむにはおすすめの場所。

ここでは高確率でウミガメと出会うことができます。

ウミガメの息つぎをする姿や、海藻をもぐもぐ食べる姿が何と愛らしいことでしょう。

▲何度もこのビーチで見かけることができました!ウミガメを見るなら断然阿嘉ビーチがおすすめ!

北浜(ニシハマ)ビーチ

次にオススメのビーチは「北浜(ニシハマ)ビーチ」

港から原付で5分ほど。

ここのビーチはトイレもあり、監視員が常駐しており、子供も安心です。

浅瀬からでもサンゴ礁や多くの美しい魚に出会うことができます。

 

前浜ビーチ

▲前浜ビーチの裏手で天然記念物の「ケラマ鹿」に出会いました。

港を降りて左横、集落の前にあるビーチ

比較的波も穏やかで、熱帯魚より小魚が多い。

魚群に肌をつつかれることも。

まとめ

ウミガメとこんなに間近で泳げるビーチは阿嘉ビーチです。

他のビーチでウミガメを見かけることはありませんでしたが、なんといってもシュノーケルには最高のビーチです。

次の夏は「阿嘉島」にいってみませんか?

【初心者必見】シュノーケルに必要な道具は?今年の夏はマイギアを身に着けよう!
非日常の水中世界へと繰り出すシュノーケリング。 ダイビングよりも手軽な装備で楽しめるのがシュノーケリングの魅力です。 また、ダイビングとは違い、気軽に自分のペースで楽しむことができるのも人気のポイントです。 シュノーケリン...

 

コメント