【初心者必見】シュノーケルに必要な道具は?今年の夏はマイギアを身に着けよう!

MARINE

非日常の水中世界へと繰り出すシュノーケリング。

ダイビングよりも手軽な装備で楽しめるのがシュノーケリングの魅力です。

また、ダイビングとは違い、気軽に自分のペースで遊べることもできるのも人気のポイントです。

シュノーケリングを初めてみたいけど、はじめは何が必要なのかわかりませんよね。

ここでは必要な道具をご紹介。

もっと快適に、安全に、もっとエクセレントにシュノーケリングを楽しむためのおすすめギアを紹介していきます。

 

 

「まずは気軽に」シュノーケリング用3点セット

比較的安価に手に入れることができ、はじめての人におすすめ。

体にフィットするものを選べば安価なものでも問題ありません。

マスク

水泳ゴーグルとは違い、鼻まで覆うマスク。

レンズは視力矯正用に交換することもできます。

眼鏡のようにフレームの色や形にバリエーションがあり、コーディネートの大きなアクセントになります。

 

POINT

 

一眼と二眼のレンズがありますが、視界を広くするなら一眼がおすすめ!

 

パノラマビューの水中世界を楽しむことができますよ。

 

 

 

シュノーケル

水面で呼吸を確保するためのアイテム。

肺活量の少ない女性は、筒の直径が細く、マウスピースが小さいものを選ぶとより呼吸がスムーズです。

 

POINT

 

水の侵入を自動的に防ぐ「ドライトップバルブ(ドライスノーケル)」と、水が浸入しても口で息を吐くだけで排水できる「排水弁付き」のものがおすすめです。

 

 

フィン

サイズ調整が可能なストラップタイプと、かかとまで覆うフルフットタイプがあります。

ゴムやプラスチックなど脚力に合わせて素材を選ぶことができ、カラーも豊富です。

 

POINT

 

ストラップフィンは、かかと部分にベルトがあり、マリンブーツは必須アイテム。

 

フルフットフィンは素足で履くことも可能。

 

岩場や砂利などのあるビーチから海へエントリーする場合は「マリンブーツ+ストラップフィン」

 

ボートからエントリーする場合は、「フルフットフィン」を使用するといった、使い方によって選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

「脱・初心者」次に欲しいギアは?

マリンシューズ・マリンソックス

フルフットフィンに適した薄手のものや、岩場でも歩ける底が厚手のタイプのものがあります。

サンダルよりも、履いたまま直接海にエントリーすることができるので、サンダルの置き場所にも困ることがなく、マストアイテムの一つです。

ストラップフィンを履く場合は、足を保護するため、マストアイテムです。

 

グローブ

忘れがちなのが、このグローブ。

手を保護してくれたり、保温してくれるアイテム。

水中では皮膚がふやけてケガをしやすいので装着することをオススメします。

とくに小さいお子様は岩場や貝でケガをしないための必携アイテム!

カメラを持ったりする場合は、手のひらに滑り止めがついているものがいいでしょう。

 

ウェットスーツ

体を保護・保温するためのスーツ。

海に入ってもウエットスーツの中に水が入り、皮膚とウエットスーツの間に水の層を作り、体温によって温められます。

上下セットのもから、上半身・下半身別々でも販売されていますので、脱ぎ着しやすいものを選んでみるのもいいですね。

 

ラッシュガード

海辺の強い紫外線から肌をガードします。

UVカット率が高く、撥水加工、ストレッチ生地を採用したものがオススメです。

 

ウェアラブルカメラ

海中での一瞬を逃さないためのアイテム。

SONYのアクションカメラがオススメ。海中でも綺麗な映像を残すことができます。

ウミガメの映像もばっちり残すことができます♪

私は沖縄の青の洞窟で、このカメラを失くしてしまいました(´;ω;`)

みなさんは必ず、ストラップを手首にしっかり巻いて、失くさないようにしてくださいね!

[blogcard url=”http://teddyboy8.com/life/sonyactioncam”]

 

防水バッグ

シュノーケリングギアをまとめて収納できる濡れてもいいバッグは、持ち運びにとても便利。

軽装とはいえ、フィンやシュノーケルも運ぶのが大変。

ほかにも荷物があるので、大きい防水バッグは持っていたほうがいいかも!

 




 

必要とされる器材はここに挙げたとおり。

長い間海に入っていると、皮膚がふやけてケガをしやすくなるだけでなく、「首の裏」「背中」を日焼けすることが多いので日焼け止めもマストアイテム。

この夏は、海水浴ではなく、シュノーケリングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

コメント