キャンプの必需品!スマートに”火おこし”できるチャコスタの使い方紹介!

キャンプギア
なっぷ:いなかの風キャンプ場

キャンプといえば「火おこし」ですが、いざ着火させようとするにも時間がかかってしまう...。

「全然火がつかない」なんて経験はありませんか?

そんな時は、効率よく火を起こすことができる火起こし器「チャコスタ」を使いましょう!

[blogcard url=”http://teddyboy8.com/camp/freesite”]

チャコスタとは

チャコスタとはキャンプ用品メーカーのユニフレームから発売されている火おこし器のことです。

よく火おこしのコツとして、着火剤を使い、小さい炭から置き、炭をやぐら状に立体的に置いたほうがいいといわれていますが、実際に着火するのに10分~30分かかることもありますよね。

ところが、チャコスタを使えば2分~3分で着火してしまう優れもの。



 

なぜそんなに早く着火するのか

チャコスタの秘密はその形状にあります。

「煙突効果」を利用して燃焼効率をよくしているんです。

燃焼を促進させる代表的なものとして、煙突があります。熱が上昇する原理を利用して空気の流れを作り、気圧の下がった燃焼部分へ自然に空気を供給します。

参考:日本バーベキュー連盟

つまり、煙突のような構造で燃やすだけで、周りの新鮮な空気を取り込み、暖められた空気は上昇し出ていき、火が大きくなるというもの。

まさにチャコスタはこの煙突効果を利用したもの。

筒状の構造で、側面の多数の穴がさらに空気の通りを良くしています。

 

チャコスタの使い方はとっても簡単♪

1.たき火台に着火剤を置きます。
2.チャコスタの中に炭を入れて、着火剤に火を付けます。

 

火を付ければあとは、自然に燃焼していきます。

チャコスタの底面は網状になっているので、すぐに炭が燃えていくようになっています。

燃焼効率が悪ければうちわであおいだり、着火剤を上から入れてもいいでしょう。

赤い炎が消えて炭が赤くなったら取り出しましょう。

非常に熱くなっているので、軍手などで火傷しないように注意してくださいね。

 

[blogcard url=”http://teddyboy8.com/camp/veramping”]

 

チャコスタの価格・スペックは?

チャコスタは約4500円~購入可能です。

収納サイズ : 280×190×30mm、重さ:約1.2kgとなっており、折りたたむと非常にコンパクトになります。

耐久度も素晴らしく、100回使用しても変形・歪みもないという声もあります。

 

いかがでしょうか?

テントの設営が終われば、次に時間を要するのは火おこしではないでしょうか。

しかも設営は一度きりですが、火おこしはキャンプが続く限り毎日の作業です。

火おこしをいかに効率よく行うかで、キャンプの楽しさも変わってきます。

素早く火おこしできれば、時間に余裕ができて、よりキャンプを楽しめることができるでしょう。

コメント