「ベランピング」をはじめませんか?話題のベランピング、楽しみ方は?

CAMP

キャンプに行きたくてウズウズしたとき。

キャンプ熱が沸騰したとき。

そんな時はキャンプ場へ行かなくてもキャンプ欲を満たすことができる「ベランピング」はいかがでしょうか?

 

ベランピングとは

「グランピング」はご存知の方も多いはず。Glamorous(魅力的な)とCamping(キャンプ)を組み合わせた造語です。

まさに「ベランピング(Veramping)」とはVeranda(ベランダ)Glamorous(魅力的)Camping(キャンプ)を楽しむというもの。

ベランピングは、自宅のベランダやお庭で簡単に楽しむアウトドアが魅力です。

キャンプ初心者や、キャンプ欲を解消させたい人もベランダで手軽にキャンプをすることができます。

ベランピングに「ルール」はありません。

とりあえずベランダにアウトドアチェアとテーブルを持ち出して、日向ぼっこをするのも良し、食事を楽しむも良し。

自分の好きなように過ごすことができます。

 

キャンプギアを飾りおしゃれなベランピング

キャンプのギアを持ち出すことでベランピング度がぐっと高まります。

夜は電気を消して、ランタンの明かりでキャンプ感を演出したり、レジャーシートを敷いたりアウトドアチェアを持ち出すだけで、それはもうベランピング!!

 

DIYでベランダをおしゃれに

ベランダを少しおしゃれにしたいなら、ウッドパネルがおすすめです。

ウッドデッキのような温かみのあるベランダに変身します。

また、空いた隙間には人工芝や玉砂利を敷き詰めることでさらにおしゃれになります。

ウッドパネルを敷くことで部屋からベランダまで一体感を持たせてくれますよ。

 

庭キャン最高!

テント買った当日、たまらずベランダに設置

 

余裕のあるスペースがあるなら実際にテントを広げて、キャンプしちゃいましょう。

なんといっても自宅のお庭なので、リラックスしつつ、快適に楽しむことができます。

テントで寝るのってすごくワクワクしますよね~♪

 

キャンプ飯を楽しむ

キャンプ場ではなく、自宅のキッチンが使えるのも大きな魅力です。

お家の中で料理を作って“拠点”に持ち運ぶことができます。

せっかくならキャンプ飯でもいかがでしょうか。

いつものお部屋で食べるより一層おいしく感じられるでしょう。

燻製

キャンプといえば燻製ですよね。

でも、ベランダで燻製なんて近所迷惑だと思っていませんか?

SOTOのスモークポットは家の中でも燻製が作れちゃう優れもの

美濃焼き製のかわいらしい鍋型燻製器は、密閉タイプで煙が少なめ。自宅のキッチンでも燻製作りを楽しむことができます。

温度計も付属しており、温度管理も簡単にできます。

熱源を使用してスモークチップを炙るタイプで、短時間で燻製を作ることができます。

[blogcard url=”http://teddyboy8.com/camp/item”]

 

スキレットでおしゃれに

スキレットを使うだけでも、よりキャンプ感が高まります。

特におすすめなのはニトリのスキレット。

500円程度で手に入りますので、アウトドア用にも一つ買っておいて損はしないでしょう。

アヒージョやお肉、ウィンナーを焼いて食べるだけでもたまりません。

私のおすすめは、アヒージョの残りにご飯と牛乳を加え、たっぷりのチーズをかけていただくリゾット。

アヒージョの魚介の香りと濃厚なミルクのリゾットは最高の組み合わせです。




 

キャンプの翌日、余った食材はベランピングで!

毎回毎回、学習できない私たち。2泊するとなると食材は多く持っていきがちになるんですよね。

食材を余らせることが多いのですが、そんなときこそベランピングです。

キャンプの続きをベランダでやってしまいます。

テーブルやチェア、ランタンを外に持ち出して、ホットプレートでお肉を焼いたり、燻製を作ったり。

たまらんです。

まあ、なんといってもすぐに家に帰れるというのが楽ですよね。おすすめ。

 

まとめ

キャンプチェアに座ってコーヒーを楽しんだり、ギアを取り出して愛でるだけでも気分は上がってきますよね。

自宅のベランダスペースを活かして、気軽にキャンプを楽しみキャンプロスを解消してみませんか?

にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメント