【任天堂Switch】プレイ時間別おすすめソフト!長く遊べるソフトは?

LIFE

2017年3月3日に任天堂スイッチが発売され、間もなく1年。

ソフトも続々と登場してきましたね。

最近手に入れた方や、これから購入を検討している方も、どのソフトが長く遊べて楽しめるか気になりますよね。

プレイ時間は我が家のプレイヤー2人の平均を出しております。

[blogcard url=”http://teddyboy8.com/life/switchfilm”]

 

マリオカート8 デラックス

1.5時間以上プレイ

私たちの持っているソフトで一番プレイ時間が短かったものが「マリオカート8 デラックス」
Wii U版の『マリオ カート8』の増補改訂版です。

DLCなどが全て最初から遊べるようになり、新キャラや新コース、新機能が加わっています。

Wii U版でたっぷり遊んでいたのもあったため、スイッチで再びハマることはありませんでした。

残念ながら友人達と集まったとき、みんなで遊ぶときにしか起動しておりません。

価格:5,980円(税別)

 

オーバークックスペシャルエディション

5時間以上プレイ

2017年 年間ダウンロードランキングで6位、2018年2月中旬時点で3位の「はちゃめちゃクッキングアクションゲーム」

「はちゃめちゃクッキングアクションゲーム」ってなんやねんって思いますよね。私も思っていました。ところがプレイしてみると痛感するんです。

「オーバークック」は、制限時間内に料理を作るゲーム。

操作はシンプルなのですが、厨房がトラックの上だったり、海賊船だったり、氷の上だったり、どんどん厳しくなるステージにてんやわんやしてしまいます。

注文に追い付かず、妻と二人で「お肉焼いて!」「早くお皿洗って!」ってまるで本当の厨房でバイトしているかのようなセリフを飛び交わせながらプレイしています。

価格:2,150(税込)

[blogcard url=”http://teddyboy8.com/life/nintendoswitch”]

 

スーパーマリオ オデッセイ

15時間以上プレイ

「スーパーマリオ オデッセイ」の大きな特徴のひとつに「スナップショット」があります。

プレイ中のマリオをあらゆる角度から撮影し、加工することができます。今までのシリーズにはない、今作の特徴といえます。

あらゆる都市を巡り楽しいステージで、ストーリーよりもついつい写真に熱が入ってしまいます。

また、「マリオ オデッセイ」は探索要素がたくさんあり、パワームーンや各都市の衣装を揃えたり、お土産を買ったりと収集癖にはたまらないやり込み度になっています。

ただし、ゲーム自体の難易度は低めで、仕掛けも易しいものが多い印象です。

価格:5,980円(税別)

 

ARMS

18時間以上プレイ

想像以上に熱くなる対戦ゲームです。

Joy-Conをそれぞれ両手に持ち、腕を突き出すことでパンチを繰り出すスイッチならではの操作性が新鮮です。

まるで本当に格闘しているかのような臨場感にハマりました。

色んなキャラクターとアームを組み合わせることができて、勝ちにこだわってムキになってしまうゲームです。

 

価格:5,980円(税別)

 

The Elder Scrolls V:Skyrim

60時間以上プレイ

「スカイリム」はドラゴンを倒すゲーム・・・なのですが、広大な大地を自由に駆け巡り、家を買ったり結婚したりすることもできるゲーム。

大学で魔法を学んだり、吟遊詩人になることもできます。ちなみに写真の彼は吟遊詩人で歌ってくれます。

プレイスタイルに合わせてスキルの上がり方にも変化があり、自分の好きなように楽しむことができるんです。

サブストーリーをずっとプレイして楽しんでしまい、未だにメインクエストは放置のまま・・・。

しかし、以下でも紹介する「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」を経験した方にとっては、操作性や登れない山に不満を感じてしまうことでしょう。

 

価格:6,980円(税別)

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

120時間以上プレイ

今までプレイした中で一番最高傑作のゲームです!

これまでのゼルダは決まったストーリーで進めなければいけませんでしたが、今作はどこに行っても何をしても自由。最初からガノンを倒しに行くことも可能。

やりこみ要素がたくさんあり、武器も使っていると壊れてしまう仕組み。

どこをどう攻略しようかと考えながら楽しむことができます。

私が一番関心したのは、「見えない壁」が存在しないということ。リンクに行けないところは存在していないのです。

遠くに見える山々も山頂まで登ることもできますし、怪しいところにはコログや宝箱があり、こんなに隈なく探索してしまうゲームがあったでしょうか。

また、ゲームのグラフィックに関しては、絵画的な美しさが素晴らしく、奏でられるサウンドでゼルダの世界に引き込まれていきます。

ゴールに近づくにつれて終わってしまうことを考えるとさみしくなってしまいます。

終わらせたくなくて、ガノン討伐を引き延ばしにしてしまった方も多いはずです。

記憶を消してもう一度プレイしたいですね。

 

価格:6,980円(税別)

 

Minecraft:Nintendo Switch Edition

280時間以上プレイ

 

「マインクラフト」をプレイしたきっかけは、「よゐこのマイクラでサバイバル生活」という動画です。

 

「食わず嫌い」で敬遠していたのですが、プレイしてみたらもう止まりませんでした。

プレイしていく中で創造力も豊かになっていき、自分だけの村を作ったり、家を大きくしたり、インフラを整備したりと自由度120%です。

はじめはスイッチ1台に1つのソフトをダウンロードして2人でおすそわけプレイしていましたが、辛抱たまらずもう一つダウンロードしてしまいました。

これにより画面を分割することなく楽しめるので、作業もはかどることができました。

他のゲームに飽きたら「マイクラ」をして気分を変えることができ、我が家では”味変のマイクラ”という位置づけになっています。

スイッチのマイクラはダウンロード版のみとなっています。

 

価格:3,888円(税込)

 

一番長く遊べるゲームはこれだ!




スプラトゥーン2

475時間以上プレイ

まさかこんなにゲームに費やしているとは思っていませんでした。

「スプラトゥーン2」が長く遊べる理由には、フレンドとのオンライン対戦・協力プレイが楽しめること。

ナワバリバトルやガチマッチ、サーモンランといった多様なルールに、随時アップデートされる武器やステージ、フェスのイベントによりプレイヤーを飽きさせないゲームになっています。

また、イカしたファッションが勝負のカギとなっていて、おしゃれを楽しむこともできます。

価格:5,980円(税別)

[blogcard url=”http://teddyboy8.com/life/splatoon2″]

まとめ

一番長く遊べるゲームは「スプラトゥーン2」、次いで「マインクラフト」という結果になりました。

どのソフトも大人になっても楽しめるものばかりです。

家族や友達とオンラインで楽しめるソフトは、長く楽しめる傾向にあるのではないでしょうか。

コメント