ススキ畑をオートサイトに!最適なススキの除草方法とは【キャンプ場経営物語#11】

キャンプ場経営

キャンプ場の開拓を始めたのが、この春の10連休。

この連休を使わずにはいられない。

待ちに待った山林開拓のスタートです。

いざ、プライベートマウンテンへ!

「雲の中のススキ畑オートサイト」

今回の作業は「ススキの伐採」

ススキの茂りっぷりがこちら。もっさりどっさりてんこもり。

にっくきススキも秋にはきれいなススキ畑となっております。

ここは小屋の建設予定地&オートサイトにする予定。

プライベートマウンテンに入ってすぐの平坦地で、「ゆったり20サイト」は張れるのではと思っています。

初めてここに来たときは、「駐車場にしよう!」なんて話していたのですが、「オートサイトにしたほうがいいよ!」とアドバイスをいただきました。

ここのススキ畑に小屋を建てたいので、まずはここから開拓していくことにします。

ススキの除草方法

ススキは土の中で根を伸ばし、伸びた根からまたススキが顔を出し、大きな株を形成しています。

さらに刈り取っただけでは、すぐに再生するらしく根絶やしにしなければまたススキ畑がこんにちはというわけです。

暖かくなるとススキがぐんぐん伸びてきます。

冬の間の積雪で穂が垂れ下がっている今のうちに駆除していくことにします。

 

1.まず草刈り機でザクザク刈り取っていきます

根から枯らすために除草剤を撒きたいので、まずはススキの伸びている穂の部分を根元から刈っていきます。

そこで頼りになるのがこの草刈り機。

18Vのバッテリーを2つ積んでいるのですが、女性でも簡単に扱えます。と、言いたいところですが、ウチの女性作業員はパワー系なので参考になりにくいかも?

とにかく、これで一気に穂を刈り取ります。

 

2.アメリカンレーキでススキを回収

ホームセンターで見つけたアメリカンレーキ

爪部分が頑丈にできていて、ススキをかき集めるのに重宝します。

草刈り機でザクザクしていき、アメリカンレーキでガシガシと刈り取り収集していきます。

 

3.除草剤を散布する

刈り取ったススキの根本に除草剤を撒いていきます。

噴霧器に水と除草剤を入れてひたすら散布していきます。

除草剤は葉や根に直接ふりかけないと効果がないようです。地面からは吸収してくれないので注意です。

10連休はこの1~3の作業のヘビロテです。

「サンフーロン」を使ってみた

Amazonで「5つ星のうち4.4」レビュー406件と人気の商品です。

500㎖、2ℓ、5ℓ、10ℓ、20ℓと選べます。

この除草剤は水で薄めてから散布するタイプ。

「即効性・根まで枯らす・口コミ良し」買うしかない!

今回は5ℓを購入しましたが、どれだけの範囲を散布することができるのでしょう。

【5Lで散布できる面積】
100倍希釈/水500L→10000m²/3000坪
50倍希釈/水250L→5000m²/1500坪
25倍希釈/水125L→2500m²/750坪

ちなみにススキの場合は50倍の希釈OK

ススキのサイトがおよそ2500㎡だったので、ちょうど2回分くらいは撒ける予定です。

(送料無料)農耕地登録除草剤 サンフーロン液剤 5L 大成農材(九州・沖縄・北海道は別途送料)

created by Rinker

 

よく見るラウンドアップとの違いは?

もう一つ「ラウンドアップ」という除草剤もあるようですが、こちらは少しお値段が高いようです。

高ければ効き目バツグンなのでは?と、思っていましたがサンフーロンにもラウンドアップにも「グリホサート」という同じ除草剤の成分が含まれているようです。

そう、サンフーロンは所謂ジェネリック除草剤というわけですね。

果たして、根は枯れたのか

個人的に「根絶やし」と聞くと、ススキの株ごとカラカラのカピカピになっているのかと思っていましたが、そうではないみたい。

散布してから1週間後に来てみたときもあまり状況は変わりなく・・・。

「ススキの根しつこい!」って感じました。

ところが、1カ月後にススキ畑を見てみると・・・

除草剤を撒いたところと、撒いていないところで大きな変化が!

散布していないころは青々としたススキが成長していましたが、除草剤をしたところはちゃんと枯れていました!

しっかりと効果がでていてよかった~

それでも、根っこの株が残っているところはあるのでこいつらも掘り起こしてやるしかないです。

▲こんな根っこがたくさん

ちなみに、ラウンドアップも購入し散布してみましたが、こちらも同様の効果がありました。

どっちのほうが効果があったのかと聞かれたら「同じ」かなという印象です。

安価で広範囲を除草するならサンフーロンで良さそうですね

ユンボが除草!?

ユンボがススキの上を通ると、なんと根こそぎ刈り取っているじゃないですか。

お陰様で、まるで畑でも作っているかのような開墾された土地となってしまいましたが、根絶やしにすることはできました。

▲ユンボが通った跡

結局のところ、ススキの除草に一番最適なのは「ユンボ」ということに。

オートサイトまでの道のり

ススキを全面除去するまではまだまだ。

テントを張るには適さない土壌ですが、オートサイトにするまでおよそ3割は進んだのではないかなと感じています(笑)

残すは電気を通して、土壌改良して、転圧して・・・

まだまだ課題が多い「雲の上のオートサイト」

はやくテント張れるようになったらいいな~

最近の様子をYouTubeにアップしていますので、こちらも是非みてください!

コメント